スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - |
←prev entry Top next entry→

エラボトックス注射で小顔になれる?

エラボトックス注射で小顔美人になるお話の前に、小顔の邪魔をするエラ(えら)、エラ張りについてお話します。


下あごの骨には、咬筋(こうきん)と呼ばれる筋肉が付いています。両方の頬の、いわゆるエラに相当する部分に手を当て、奥歯をしっかりと咬むと動く筋肉がこの咬筋です。咬筋は、食べ物を咬むときに働く筋肉で、硬い食べ物を好んでよく食べる方や、ガムを噛むのが好きな方、歯ぎしりをする方は、大きく発達して厚くなります。


こうして、咬筋肥大という、エラが張った顔、つまり横に伸びたような顔になってしまいます。エラボトックス注射が提案される以前、従来は、エラに相当する筋肉を手術で切除するという治療法が行われていました。


人の筋肉は、よく動かしていると強く大きく発達し、あまり動かさないでいると弱く小さく萎んでしまいます。例えば、ボディービルの選手はトレーニングで筋肉を強く大きくしているのですが、一方、骨折した足にギプスをして固定しているとその足の筋肉は動かないので弱く小さく萎縮してしまいます。


そこで、エラに相当する咬筋にボトックスを注射すると、咬筋を動かす神経が麻痺し、筋肉が弛緩します。これにより、えらを作る咬筋は動かなくなって萎縮し、弱く小さくなります。したがって、エラボトックスで、えらが張った顔が改善され、横に大きく伸びたような顔が、小顔に見えるような効果が得られます。


こうして、エラボトックス注射は、メスを使わずに短時間でエラを取り、エラボトックスで小顔を得ることが可能な、画期的な治療法だと言われています。



| エラボトックス |

スポンサーサイト



| - |
ボトックス|ボトックス注射で小顔GET RSS http://botox-info.jugem.jp/?mode=rss ボトックス|ボトックス注射で小顔GET ATOM http://botox-info.jugem.jp/?mode=atom 無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.