スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - |
←prev entry Top next entry→

エラボトックスの効果

エラボトックスは注射した後、効果が現れるまでに1週間掛かると言われています。そして、エラボトックス注射で麻痺した筋肉が、萎縮して小さくなるまでには、たいへん時間が掛かるようです。えらボトックス注射の効果である小顔が、はっきりと実感できるまでには、1ヶ月以上掛かるとも言われています。


エラボトックス注射の効果の持続期間は、だいたい4ヶ月〜半年程度というのが一般的なようです。エラボトックス注射の効果が弱くなってきたかな、と感じたら、2回目のエラボトックス注射を行うのが良いようです。前回のエラボトックス注射の効果がまだ若干持続しているようでしたら、2回目はボトックスの量を少なくしても大丈夫なようですし、より効果がアップする場合もあるみたいです。


魅力的な小顔美人をキープし続けるには、継続的なボトックス注射を行わなければいけない場合もあるようです。


エラボトックス注射で魅力的な小顔を得た代償に、口が動かなくなってしゃべれなくなったり、食べ物を咬むことができなくなったりする、といった不安を感じられる方もいるかと思います。


しかしながら、ボトックス注射は、必要最低限の部分のみ注射するので日常動作には支障がなく、咬筋が麻痺しても、側頭筋など、また別の3種類の筋肉が働きますので、口が動かなくなったり、食べ物を咬むことができなくなったりすることはないようです。


エラボトックス注射後の注意点としては、できるだけ硬いものを咬まないようにしたり、ガムを噛んだりしないようにするほうが良いようです。つまり、できるだけ咬筋を使わないように心掛けることが、ボトックス注射の効果を持続させ、魅力的な小顔でいるために賢明なようです。



| エラボトックス |

スポンサーサイト



| - |
ボトックス|ボトックス注射で小顔GET RSS http://botox-info.jugem.jp/?mode=rss ボトックス|ボトックス注射で小顔GET ATOM http://botox-info.jugem.jp/?mode=atom 無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.